こんな風に作っています

「スタジオ」とは名付けていますが、
いわゆる完全防音の密閉スタジオがあるわけではありません。

ホールを使っての録音が中心です。
音響の良いホールを借り切り、2〜3日かけて録音します。
ステージと客席にマイクをたて、ケーブルで控室につなぎます。

photo1
滋賀・ガリバーホールでの
録音風景

控室にはミキサー、モニタースピーカー、録音機器を置き、
ここでアーティストと連絡を取りながら、録音を進めていきます。

photo1
同・モニタールームの様子

録音されたテイクの数々は、スタジオに持ち帰り、編集作業に入ります。
いわゆるPC完結型のスタジオです。

photo1
スタジオの様子
わりとシンプルにまとめてます

Studio One 3という新鋭のソフトを入れたMacで編集していきます。
波形を見ながら、じっくり丹念に……。

photo1
画面はほんの一例です
編集作業の他、
音圧調整や残響調整、
ノイズリダクションなどなど、
Macを駆使して作業します

一通りの編集が終わったところで、演奏者に聴いてもらい、チェックしてもらいます。
修正希望をお聞きして、再編集に入ります。
お互いが納得するところまで、何度も再編集作業が繰り返され、
ようやくマスター音源が完成します。

同時進行で印刷物の作成に入ります。
ジャケット、インレイカード、オビの3点を作ります。
さらにCDのレーベル面もデザインします。
写真撮影、原稿依頼などで素材を集め、
やはりMacでDTP作業を進めます。

マスター音源と印刷物版下をプレス会社・印刷会社に入校し、
いよいよCDの完成となります。

※以上の作業の流れはあくまで一例です。
ご希望のCDにできあがるように、
最適な方法をご提案いたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらまで

主な使用機材

 録音機材

  • Microphone : B&K 4003×2、4012×2
            RODE NT2-A×2、NT-5×1pair(with omni capsule)
            Audio Technica AT-4050 Limited edition×2
  • Microphone Power distributor: B&K 2812 MKII
  • Microphone Amp: Presonus DIGIMAX D8
  • Mixer : Mackie ProFX 8、YAMAHA MX12/4
  • Powered Monitor Speaker : YAMAHA HS 50M、Timedomain mini
  • Hard Disc Recorder : KORG MR-1000
  • CD-R Recorder : TASCAM CD-RW700
  • Mac Book Air with Studio One 3 Professional、etc

 編集機材

  • Mac mini(OS10.10.5)
  • Studio One 3 Professional
  • t.c.electronic Finalizer express

 DTP機材

  • Mac mini(OS10.10.5)
  • Adobe Creative Suite 4(InDesign, Illustrator, Photoshop)

他に、PC(Windows 7)
ホームページ作成や伝票作成、その他もろもろの作業はこちらで。