デュオ・トラサルディ/ダブル・ルーツ

WNCD1016
  • 演奏:デュオ・トラサルディ(谷川英勢、遠藤 峻)
  • 品番:WNCD-1016
  • 本体価格:2,500円
  • 税込価格:2,700円
  • 発売日:2015年10月21日
  • 録音日:2014年7月3、4日、2015年4月17日
  • 録音会場:滋賀 高島市ガリバーホール
  • PDF版チラシはこちら
  • この商品はAmazon.co.jpでも取り扱っております。
  • amazon

     曲目

    バチコーシャ(マルコ・ペレイラ)
    遠い記憶の足音(冨山詩曜)
    2つの舞曲(エグベルト・ジスモンチ)
       第2番
       第1番
    水とワイン(エグベルト・ジスモンチ)
    小さな空(武満 徹)
    ピシャイム(マルコ・ペレイラ)[遠藤ソロ]
    パリャーソ(エグベルト・ジスモンチ)[谷川ソロ]
    ラスト・ソング(クラリス・アサド)
    ラプソディー・ジャパン(藤井眞吾)
       序章
       さくら
       花(滝 廉太郎)
       通りゃんせ〜かごめかごめ
       浜辺の歌(成田為三)
       ずいずいずっころばし
       ふるさと(岡野貞一)

     演奏評

    テクニカルかつ躍動感溢れる演奏でありながら、
    自己主張の押しつけがましさを感じさせることなく、
    ごく自然に流れよく表現していることが、
    むしろ個性となっているのだ。
    (現代ギター 2015年11月号)

    …2人の俊英ギタリストがデビュー・アルバムで焦点を定めたのは、
    彼らが惹かれるブラジルの音楽、そしてやはりルーツである日本の音楽。
    (中略)2人はたいへん好調に“ダブル・ルーツ”のプログラムを奏でていく。
    両人のソロも1曲ずつあるが、それらもなかなかに見事。
    ぜひ、この調子で活動を続けてほしい。
    (レコード芸術 2015年12月号 準推薦盤)

    …ブラジル音楽と日本の感性には、どこか相通じるところがある…と、
    二人のギタリストは“ブラジル”と“日本”を弾く。
    明るさの陰にある哀しみや愛情への愛おしさかもしれない。
    (CDジャーナル 2015年12月号)

     ひとこと

    日本、そしてブラジル…
    自分たちの音楽の2つのルーツをテーマに
    時に熱く、時にノスタルジックに奏でる…
    注目のギターデュオ〈デュオ・トラサルディ〉
    待望のデビュー・アルバム!

     試聴

    ※CDより、一部の曲を試聴できます(mp3、約30秒)。
    play をクリックしてください。

  • バチコーシャ(M.ペレイラ)play
  • 「2つの舞曲」より第2番(E.ジスモンチ) play
  • 水とワイン(E.ジスモンチ) play
  • ピシャイム(M.ペレイラ) play
  • 「ラプソディー・ジャパン」より ずいずいずっころばし(藤井眞吾) play