新井伴典&松田 弦/ギターのためのジャック・イベール作品集

WNCD1020
  • 演奏:新井伴典&松田 弦(ギター二重奏)
  • 品番:WNCD-1020
  • 本体価格:2,700円
  • 税込価格:2,916円
  • 発売日:2016年8月25日
  • 録音日:2012年4月3、4日、2015年12月24、25日
  • 録音会場:滋賀 高島市ガリバーホール
  • PDF版チラシはこちら
  • この商品はAmazon.co.jpでも取り扱っております。
  • amazon

     曲目

    寓話T&U
    フランセーズ

    15の絵画による小組曲(全15曲)
       前奏曲
       ロンド
       陽気なぶどう作り
       星たちへの子守歌
       呑気な騎手
       閲兵式
       そりに乗ってひと回り
       ロマンス
       カドリーユ
       水上のセレナード
       ミシン
       別れ
       クロッカス
       初めての舞踏会
       御者のダンス

    水上の朝
    リリパット村の悪戯っ子
    ルーセルの名によるトッカータ
    アリエット(新井ソロ)
    スケルツェット

    物語(全10曲)
       金の亀を使う女
       小さな白いろば
       年老いた乞食
       風変わりな娘
       悲しみの家で
       廃墟の宮殿
       机の下で
       水晶の籠
       水売り女
       バルキス女王の行列

     演奏者コメント

    ワン・コンポーザー・シリーズ第1弾はイベール。
    ヴァイオリンとデュオで『物語』からの抜粋を演奏して以来、
    私はイベールに魅了されてしまった者の一人である。
    ピアノ曲を中心に熱心に聴きこんでいるうち、
    ギターのふるさとであるスペインの香りが漂ってくる。
    なんとイベールはスペインの大家、マヌエル・デ・ファリャと従兄弟同士というではないか!! 
    それから完全にギターで作品の本質に迫れるという確信を得て即編曲に取り組み、
    〈小組曲〉は2011年、〈物語〉は2013年に完成し、たびたび演奏会で取り上げてきた。
    よくスペイン作曲家のアルベニスやグラナドス作品をギターに編曲、演奏する際、
    “里帰り”と表現されることがあるが、
    これらイベール作品もそれに該当すると自信を持ってここにお届けする。(新井伴典)

     演奏評

    (…)これまでにも新井は旋律楽器とのデュオでイベール作品を編曲・演奏してきたが、
    本盤ではデュオ・パートナーに松田 弦を迎えて、
    丹念に練り込まれた編曲と巧みなデュオ・ワークにより、
    ギター2台でイベールのスペイン情緒をより鮮明に描き出すと同時に、
    それとは対照的なロマン派風小品が持つワン・フレーズの魅力を捉えることにも成功している。
    (現代ギター 2016年9月号)

    (…)このたびはちょっと意表を突かれた。
    (…)CD1枚まるごと、ジャック・イベールの作品で埋めるという前代未聞の企画なのである。
    新井は、俊英奏者松田弦という絶好の相手を得て、
    (…)まずは理想的と言える編曲・演奏のわざをもって実現してくれた。
    どの点から見ても高い評価に値する編曲アルバムとなっている。
    (レコード芸術 2016年10月号 準特選盤

    (…)二人の演奏による、歯切れのいいリズム、
    明快なメロディ・ライン、繊細な表情など、
    イベールの持つスペイン的側面が伝わってくる。
    (CDジャーナル 2016年10月号)

    (…)どの曲もピアノとは異なる
    ギター特有の音色と味わいで楽しませてくれる。
    (音楽現代 2016年10月号 注目盤

     録音評

    (…)響きは空間で見事に融合し、非常に自然。
    (…)楽器の響きと会場の響きが見事に溶け合い、
    十分なアコースティック感を漂わせる。
    聴き手に対しても大きな距離を感じさせることなく、
    それぞれの演奏の表情やテクニックも十分に伝わる。〈93点〉
    (レコード芸術 2016年10月号)

     ひとこと

    新井伴典プロデュース、
    ひとりの作曲家に焦点を当てた「ワン・コンポーザー・シリーズ」の第1弾はジャック・イベール! 
    フランスの作曲家ながらその作品に通底するスペインの響きは、
    ギターでの演奏によってより華やかに香り立つ!
    新井伴典と松田 弦による息を呑むほど鮮やかなデュオにより、
    イベールの新しい世界が開きます。

    ※「15の絵画による小組曲」(新井伴典・編)の楽譜が
    現代ギター誌の添付楽譜に2016年11月号より掲載されます。
    お楽しみください!