デュオ・トラサルディ/ラ・ストラーダ

WNCD1022
  • 演奏:デュオ・トラサルディ(谷川英勢、遠藤 峻)
  • 品番:WNCD-1022
  • 本体価格:2,700円
  • 税込価格:2,916円
  • 発売日:2017年6月30日
  • 録音日:2016年9月13-15日、2017年1月27日
  • 録音会場:滋賀・ひこね市文化プラザ・エコーホール
  • PDF版チラシはこちら
  • この商品はAmazon.co.jpでも取り扱っております。
  • amazon

     曲目

    遠い谷への旅(佐藤弘和)
    このカエルには羽がない(D. ボグダノヴィチ)
    オブリオ(K. ヴァシリエフ)
    サンバランソ(C. マシャド)
    ボリーニャス・デ・ケイジョ(C. マシャド)
    エスノ・ダンス(G. イヴァノヴィチ)
    ジョビニアーナ第1番(S. アサド)
    ファー・アンド・ニア(A. アサノフ)
    ストーリー・オブ・ワン・ボッサ(A. アサノフ)
    ノルデスチの情景(C. マシャド)
    アニバーサリー・ソング(R. ヴァモス& R. エイヴァース)
    ライト・ドライ・テーブル・ワイン(R. ヴァモス& R. エイヴァース)
    カライジスコ・オロ(G. イヴァノヴィチ)
    オブリビオン(A. ピアソラ〜L. ブラーボ編)
    シータ(A. ピアソラ)
    あいまいなパッサカリア(藤井眞吾)

     演奏者コメント

    今回のアルバムのコンセプトは「旅」です。
    日本を旅立ち、さまざまな国を放浪しているような
    感覚を味わっていただけるような選曲にしてみました。
    アルバムのタイトルでもある「ラ・ストラーダ」は“道”という意味があり、
    いわゆる飛行機や車を使った旅行ではなく、
    船や馬などで移動する時代の旅をイメージしています。
    それぞれの曲に異国の道の情景を思い浮かべながら聴いてみてください。

     演奏評

    (…)彼らの旅はメインストリートではなく、裏道を巡る。
    そこにこそ新たな発見と冒険があるのかもしれない。
    (…)谷川と遠藤のリズムの切れの良さと、音の艶やかさがあってこそ、
    このバラエティ豊かな旅を楽しむことができた。
    (現代ギター 2017年7月号)

    (…)まさしく現代の新鮮な楽曲ばかりで、
    ギター・デュオの世界に訪れている
    新しい息吹を味わわせてくれることは有難く貴重。
    技術水準も十分に高い2人なので
    作曲者それぞれのアイディアや民族色の表われなども快く楽しめる。
    (レコード芸術 2017年8月号 準推薦盤)

    大半は有名曲ではないものの素敵な佳品ばかり、
    各曲に流れるオーガニックな質感が実に心地よい。
    (…)最後の藤井眞吾「あいまいなパッサカリア」では、
    旅は地理的なものではなく内面の比喩として提示される。
    (ぶらあぼ 2017年8月号 New Release Selection)

    ギター・デュオで巡る旅の情景。
    東欧、南米を中心に、ピアソラやアサドといった有名どころも交えた選曲がなかなかに清新。
    演奏も表現に引き寄せすぎず、キメどころはキメつつも、想いに余地を残して、
    音そのものがゆらり誘ってくる気分を妨げない。
    耳とイマジネーションを気持ちよく道草させてくれる。
    (CDジャーナル 2017年9月号)

     録音評

    極端に左右に広がることなく
    ふたつのギターが空間で見事に響き合う。
    ほどよい距離感、ほどよい会場の響きを得て、
    窮屈さのないのびやかだが、
    暗騒音的な会場の響きと言うかノイズ成分を若干感じさせる部分もある。
    (レコード芸術 2017年8月号 90点)

     演奏者プロフィール

    デュオ・トラサルディ Duo Trussardi
     2011年に結成した、谷川英勢(たにがわ えいせい)と遠藤 峻(えんどう たかし)による
    新世代のクラシックギター・デュオ。
    ブラジルの作曲家エグベルト・ジスモンチに影響を受け、
    そこからさまざまなジャンルの楽曲を演奏するようになる。
    東京を中心に国内外でコンサートを行なう。
    日本を代表するギタリスト兼作曲家の藤井眞吾、佐藤弘和の両氏に
    デュオ・トラサルディのための新曲を委嘱、
    それらを初演するなど新しいレパートリーの開拓にも力を注いでいる。
    デュオ・メリスやヤマンドゥ・コスタ、M. タマヨ、J.ペロワ、C.マシャド、
    W.カネンガイザー、S.テナント、H.ケッペル、R.アギーレ、
    T. M=ペリング、Duo-Maccari & Pugliese、
    福田進一、藤井眞吾、鈴木大介、大萩康司各氏のマスタークラスをデュオで受講。
    共に新井伴典氏に師事。
    2015年、1stアルバム「Double Roots」をリリース。

     ひとこと

    テーマは「旅」、
    デュオ・トラサルディと行く、
    時空を越えた不思議な音楽の旅