ジャミーラ/ヒュズン ―トルコ・ウード 悠久の物語―

WNCD1045
  • 演奏:
       ジャミーラ(ウード)
       加藤吉樹(ウード、ギター)
       森内清敬(ダルブカ、パーカッション)
       北波悦子(クラリネット)
  • 品番:WNCD-1045
  • 本体価格:2,700円
  • 税込価格:2,970円
  • 発売日:2020年7月10日
    ※発売日まで今しばらくお待ち下さい
  • 録音日:2019年3月19-20日、6月26-27日
  • 録音会場:滋賀・ひこね市文化プラザ・エコーホール
  • PDF版チラシはこちら
  • この商品はAmazon.co.jpでも取り扱っております。
  • amazon

     曲目

    ウシュクダラ(作者不詳)
    ガリップ ― ヒジャーズ・サズ・セマイシ(ギョクセル・バクタギル)
    リベルタンゴ(アストル・ピアソラ)
    ニハヴェント・サズ・セマイシ(レシャット・アイス)
    アニ遺跡(柴山哲郎)
    スルタニイェギャー・シルト(レーフィック・フェルサン)
    チェチェン・クズ(ジャミル・ベイ)
    メフタプタ・ヤカモズラル(ジヌチェン・タンルコルル)
    ヒジャーズ・マンドゥラ(ラブタジュ・アンドン)

     演奏者プロフィール

    ジャミーラ(ウード) Cemile
    トルコの伝統芸能にひかれて、イスタンブールに滞在し、文化を学ぶなかで、ウードに出会う。帰国後、24時間テレビ関連イベントなどに出演し、舞踊家として舞台を重ねるも、ウードへの憧憬がやまず、ウード奏者に転身する。トルコウードを柴山哲郎氏に学び、その後、イスタンブールでZeynel Demirtas氏に学ぶ。日本トルコ国交樹立記念イベントや、イエメン大使館後援イベント、また、元首相の芦田均記念館などで演奏する。京都大学文学部卒業、同大学大学院博士課程満期退学。大阪トルコ文化センター、ウード講師。

    加藤 吉樹(ウード、ギター) Yoshiki Kato
    アラブ特有の即興演奏(タクシーム)に魅せられ、ウードをはじめる。 日本で常味裕司氏に師事。カイロにてDr.Khairy Amer氏らに師事。またイラク人ウード奏者Naseer Shamma氏の主宰するウードハウスで学ぶ。トルコウードをYurdal Tokcan氏、Necati Çelik氏に師事。2013年以降からはエジプト各地やモロッコでも公演を行っている。

    森内 清敬(ダルブカ、パーカッション) Kiyotaka Moriuchi
    トルコ国立イスタンブル工科大学音楽院に聴講生として、古典音楽と民俗舞踊を学ぶ。滞在中、世界的ダルブカ奏者Mısırlı Ahmet氏の演奏に大きな衝撃を受け、氏のガラタダルブカスクールの門を叩き、弟子となる。2012年秋よりサイード・エル・アーティスト(エジプト、キング・オブ・タブラ)に師事し、カイロのアカデミー・オブ・アートにてサイード氏との共演を果たす。

    北波 悦子(クラリネット) Etsuko Kitaba
    京都とドイツにてクラシック音楽を学ぶ。同時に民族音楽にも惹かれ、ウードの常味裕司氏に出会ったのをきっかけにアラブ音楽の世界へ足を踏み入れる。

     ひとこと

    甘美さと静謐さ
    デカダンな佇まい…
    悠久の歴史が醸すトルコの音楽を
    楽器の女王・ウードの響きにのせて…